上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝からメールのやりとり。木曜に、県の工業技術センターの見学をさせてもらうことに
なりました。さて、どんな感じの研究所なんだろう?しかし、試験に合格してここに
行ける確立は僅かに30分の1以下。さすがに公務員、高きハードルです。

明日はチェコの娘の接待。オイラはコミュニケーション必至らしいので
今からガクブルです((´д`))アワワ
スポンサーサイト
日曜なので、昼前に起きてメシを食い、また昼寝。良く寝た!
そしてキャプテンズのライブを観に行きました。いや、正確には「撮りに行った」
というベキか。メンバー調子がよろしいのか、いい感じでしたよ。ヨースケが笑顔で
ドラム叩いてたのが印象的でした。そこまで気合い入れたつもりじゃないが、
気がついたら36枚撮り2本終了。

ライブ後すぐに帰って来てF1モナコを観戦。CSの生中継とwebのLive Timingを
交互ににらめっこしながらの観戦は凄く面白かった。
いや~モナコはドラマが起こるねぇ・・


さて、風呂入って攻殻機動隊SACを観るかねぇ。
060526-6.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F16, 4 min.
FUJI PROVIA 100F


142725639_115.jpg


今週から始まったF1のモナコGPが非常に熱い。

今年から予選がノックダウン方式(最初のアタックで下位5台が落とされ、2回目に上位10台以下が落とされる。最終アタックで上位10台の順位が来ます)に変更された。この方法の是非は何かと議論されているが、特に100%市街地コースのモナコでは予選から混乱が必至!

なにせ2車線分の幅しかない部分や、まったくエスケープゾーンの無いコース(すぐ脇は壁!)の中で20台がひしめき合うからもう凄い事になる。これまでも決勝で完走出来た車が4台?とかいう年もあったくらいだから、今年は予選から大混乱なワケだ。

既にフリー走行の1回目でクラッシュ、赤旗中断する事2回。
さて今夜の予選、明日の決勝はどの様な波乱が起こる!?
・・・と言ったのは植田正治。なるほど、間違ってないと思います。
カメラを変えるという事は、レンズ・時にはフィルムやフォーマットも
変わるという事。それらが変われば自ずと変化は写真自体に表れるし、
またそれに合わせるべく自らも撮影方法や構図が変わって行く。

精神的な意味でも大きいと思います。新しいカメラを買う、使う事で
大いに自分の刺激になり、意欲も出てくる。今までやってこなかった事にも
チャレンジしたり、試行錯誤をしてみる。勿論ある程度、懐も痛みますがね。
前進して得るモノはまさにpriceless。


そうやって懐が広くなると、再びもとのカメラに持ち替えた時に、
その元来の良さを再確認することもあるし、スランプ前には考えも
及ばなかった様な写真が撮れるかもしれない。自然に写真が楽しくなります。

問題なのは、スランプだからと言って撮る前から既に解決を放棄し、
前に歩むのを止めてしまう事。変わろうと思わなければ、何も変わらないし、
スランプを抜ける事も無い。
「同じ事を繰り返しながら違う結果を望む事を『狂気』という」
自分の心に深く残る言葉の一つであり、戒めの言葉でもあります。

060526-2.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F16, 4 min.
FUJI PROVIA 100F

写真は昨日撮った夜景の中からの1枚。
個人的には満足はしていません。構図も露出も、タイミングも
まだまだ改善の余地がある。
060525-2.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F16, 1/60 sec.
Neopan 100ACROS
Pyrocat-HD


県の職員試験の申し込み完了しました。
申し込み用紙の端に赤鉛筆で「1」と書かれた。もしや第1号か?
たった1名という難関ですが、とりあえず頑張ってみようと思う。

明日から天候がまた悪くなるので今のうちにと夜景を撮りに出かけた
正直、あまりしっくりとは来なかったなぁ。こんな気分で撮った時は
どのくらいの出来なんだろうか。

ハッセル&35mmモノクロで撮ったヤツが出来ました。
裏蓋の穴にはティッシュをぎゅうぎゅうに詰め込んだwwwww
1枚うp。
060524-5.jpg


060524-3.jpg


Minolta XE
Tamron SP 80-200mm/2.8 (30A)
Neopan SUPERPRESTO 1600
Hyprcat-HD developer

昨日火曜日は、マイミクのボギー氏がやっているイベント「ラウンジサウンズ」へ。
スペシャルということで、大阪からラボ・リボルバーというバンドが来ていました。
結果的に、このバンドの出す音が、自分にとって非常にツボでした。ジャンルとしては
プログレ&インストなんだけど(もともとこういうのが好き)名前も知らなかったし、
ましてや聴いた事も無かった。無警戒に近づいた自分が迂闊でした。思いっきり感性に
ヤケドしてしまった。。。
060521-1.jpg


いつものペースで実験開始。しばらく実験台に向かってなかった気がする。結構慎重に操作して来たつもりだったんだけど、肝心な所で失敗。plasmid切る制限酵素を入れたは良い物の、肝心のhigh salt buffer入れてなかったよ・・・ (´・ω・`)ショボーン
今日中に終わらすつもりが、明日に持ち越し。

写真は昨日の続き。やっぱり裏蓋からの露光が悔しい(笑)
060521-5.jpg


060521-2.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F11, 1/125
AGFA VISTA100 (ver3)
060521-4.jpg


午前中は学会に参加していたとはいえ、今日は晴れの日曜日。
完徹で眠いが、外に出ない訳には行かない(笑)

ハッセルのマガジンを135フィルム対応にしてみたのでテスト撮影。
ブローニーでは無く普通のフィルムが使えます。
その結果がこれ。ちょっとしたホルガちっくな遊び。
敢えてパーフォレーションまで焼き付けてみた(この辺は選択可能)

ところで中央の丸いのは?

裏窓からの光漏れwwww


今度はモノクロでチャレンジしてみます。
全然内容を覚えられない('A`)やばい
これはカンペ準備か?
風邪なのか、
原因不明の喉の痛み、関節痛、咳で参っております。
昨日と今日、ラボをおやすみしてしまった。

明日から復活せねば。日曜は朝から学会の口頭発表ですよ。
事前にプレゼン作っておいてよかった。明日練習します。
18.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F16
Fuji Velvia100

ええと・・場所をどう説明すれば良いのか(笑)
060517-3.jpg



・・がやってきます。台風は弱そうだけどね。
学会も九州管内の小さな学会です。今プレゼンの作製が終わったところです。発表10分、
質問2分。イントロとか話してると結果など話す時間なんかほとんどありません(笑)

そして最近ちょっと気になるのが・・腰と膝が痛い。
腰はガキの頃からの持病みたいなもんなので、諦めもあるし対処法も分かってるんだけど、
ヒザは困る。テニスできんくなるやん。
今は「なんか違和感あるな・・もしかして痛い?」くらいやけど、これ以上酷くなって
テニスとかに支障が出たらどうしよう??

写真のぬこと日記の内容は、勿論まったく関係ありませんw
03m.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F16
Neopan 100ACROS
Pyrocat-HD

17号棟あたり。
19m.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F16, 8 sec.
Neopan 100ACROS
Pyrocat-HD

初めて足を踏み入れた住宅跡にて。
15m.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F11, 8sec.
Neopan 100ACROS
Pyrocat-HD

5/8の日記参照。
このリベンジみたいなものです。
14.jpg


とんでも無い大シケの中、木の葉の様に船に揺られてあの島へ。
正直生きた心地がしませんでした。

でも得る物は何かしら有ったと思います。
obi.jpg



朝は八時半から異例の金曜報告会。
今回は自分の発表の番だったが、まったく目新しい結果は無いし、
ボスは昼前から出張で時間がないし、結局発表しませんでした。
後に「一人15分以内でやれ」とかいう位なら、いっその事しなきゃ
良いのに・・と内部で不満が噴出しておりました。

eBayを覗いていたら、あろうことかライカ用のホロゴン15/8が
2300ドル即決!くらくらと目眩がしました(つд`;)
世界でわずか数百しか無く、一時は100万オーバーだったレンズ。
今でも70-80万くらいするんじゃないの?とりあえず出品者に
支払い方法は何なのか。日本に送ってくれるのか?と質問送って
いるうちに、出品取り消しに・・嗚呼(泣)
きっともう二度とこんなチャンスは無かったでしょう。

たぶん生まれて初めて、母の日のプレゼントを買いました。
marimekkoの肩掛けバッグ「Obi」可愛いでしょ。

追記>後にこのホロゴンは典型的な詐欺だったことが判明(笑)
060509-6.jpg


060509-7.jpg


OLYMPUS XA4 MACRO
FUJI Velvia 100
060509-4.jpg


060509-5.jpg


OLYMPUS XA4 MACRO
FUJI Velvia 100
最近廃モノが続いてるしね(笑)ここで色付きのものでも。
金曜日の朝8時半から報告会らしいのですが、報告出来る結果なんか
今回ホンマに無いんですけど・・ヤバいよまじで。
まぁ、論文の英語を書いていたり、論文の為の実験くらいしかしてないのですが
(結果を来年以降に残さないため。ウチのラボではこれをやると必ず日の目を見る事無く潰れる)

そうそう、業務用のレンズ用遮光塗料を入手しました。普通の艶消し黒の塗料とは違って、
本当に真っ黒です。600nm以上の赤外波長まで完全に遮光します。
試しにハマ角フードの内側(以前プラモ用の艶消し黒で塗った)に塗ってみましたが、
確かに今まで以上に光の反射がありません。
これは効き目あるかも。
060508-9.jpg


今日の1枚。
一目で分かる通り、既にコンクリートが剥がれ鉄筋が露出した柱。
薄いコンクリートの床はいつ抜けてもおかしくありません。
散乱したガラスを踏むと、割れて革靴を付き抜けました。

此処は興味本位で行く場所ではありません。
誘惑の強さの裏で、常に命の危険と隣り合わせということ。
060508-1.jpg


よくライブ写真の場合には「その日1枚でも最高の物が撮れれば
勝ち戦」と断言している自分ですが、かの島へ行く場合はそうは
行かない。最高の物が1枚しか撮れなかったら負け戦です(つд`;)

今回は1枚では無いにしろ、良い物が撮れたという実感は少ない。
その内の数少ない「これはイメージ通りに撮れた」という1枚です
060507-4.jpg


Hasselblad SWC
Biogon f4.5/38mm
F5.6, 1/4
Neopan 100ACROS
Pyrocat-HD
結構頑張ったんですがね。。
マガジンの光線引きを起こした模様。

060506-7.jpg


060506-8.jpg

次に向かうは池島炭鉱跡。の前に、まずファミレスで朝メシを食った。
ここらへんから船酔いの影響で起きていると吐き気を催すので車の中では寝てばっかり・・
ドライバーだったhiro君、ご免(笑)

ギリギリ1分前に港へ着き、本当に「滑り込み」でフェリーに乗った。
これを逃すと次の船は2時間は無い。危ない所だった。。しかしフェリーとは言え、
まっすぐ歩けない程に揺れる揺れる!GW~夏まで波が高いらしい。

池島に到着、いきなり波止場で10匹以上のネコがお出迎え!凄い(笑)
そのうち2匹が特に人なつこくて、えびせん(丸いヤツね)を差し出すと喜んで
飛びついて来る。この2匹はその後もしばらく後をついて来て離れなかった。

池島は5年前に閉山したばかりなのでまだ建物の崩壊も進んでいない。
単に人の居ないゴーストタウンという感じだった。そこに萌える要素は少ないが、
さすがに炭鉱跡の機械類がそのまま残っているのには萌えた(笑)夢中になって、
そのまま敷地内へ入り・・

会社のおっちゃんに捕まった(爆)

しかし人の良さそうなおっちゃんで、まぁ写真撮りたければ上にある事務所で許可を
貰って来なと言う。ハーイと返事して上の事務所方面に向かった。
結局許可は貰わなかったんだが(笑)

炭鉱跡の上、山の頂上に住宅跡があって、そこに見たかったアパート群があった。
今のアパート・マンションに負けぬ奇抜で前衛的なその造り・・・
端島のそれもなかなか凄いが(もっとも端島のアパート群は、実験で建てたとしか
思えない程そのデザインがが凄い)ここも萌える。しかし池島は今なお500人足らずだが
人が住んでいるので、車通り、人通りが意外に多く、写真を撮るのに苦労した。

しばし他のアパート群を見て廻り、炭鉱跡地のベルトコンベアーや切削機械?を見て、
港へ到着。5時過ぎのフェリーで本土へ。

夕食は佐世保バーガーだ!?という事になって、車は一路、佐世保へ。
3月に行ったヒカリ&ログキットに行こうと思ったが、いまいち道を覚えてなくて、
曲がるべき所を通過していき過ぎた・・スミマセン。どうにかヒカリ前まで行くも、
既にハンバーガーは売り切れ(3月の時も人大杉で諦めたんだよなぁ)諦めてこれまた
前回行ったビックマンへ。ビックマンは比較的空いてて、すぐに注文&食う事が出来た。

あとは高速で福岡まで一直線。11時前に帰宅しました。
自分含め4人お疲れ様でした。
特に運転しっぱなだったhiro君、お疲れ様でした。
4日の昼過ぎにいきなり船に連絡して予約を入れ、いそいそと準備を急いだ。
今回は、いつもの自分達ペア、そして音楽繋がりのmixi仲間、punos、hiroの4人。

夜12時に長崎へ向けて出発。GW中だが、車はとても少なくて、2時半には港の手前に
着いてしまった。早すぎた(笑)しばし港の手前のファミレスで時間を潰す。
しばし各々のカメラ談義に花が咲く。hiro君が持ってきたライカのIIIfにとても興味が湧いた。
ライカと言えばMシリーズだが、バルナックも結構良い造りだね。

4時半、ファミレスを出て港へ。釣り客と一緒にと聞いていたが、みんなどう見ても釣り客じゃない(笑)
結局、自分たち含め9人全員が同じ目的だった。5時に港を出発。波が高い。

5時半前に到着・上陸。まずは島の神様、端島神社に参拝し、神社から日の出を見る。
今日も1日、無事でありますように。そして良い写真が撮れますように。

3時間という限られた中で、全てを廻り切るのはとても不可能。外観を舐める様に
一周するのが精一杯で、建物の中は主要な場所をかいつまんで廻ることにした。
手術室、端島銀座、地獄段、端島神社、16-19号棟、映画館跡、30号棟、炭鉱跡。。

65号棟と小中学校は、是非とも初めての二人には見せたかったが、ここをちゃんと
見ていくとそれだけで4時間は掛かるので今回は泣く泣く見合わせに。今度廻ろうね。

カメラはメインはハッセルSWC、120フィルムに4本撮った。
サブはCONTAX G2にhologon。36枚撮り1本ぐらい。
全てモノクロ。カラーは持っていったが、ファインダーを覗いた瞬間に
「これは違う」と思ったので撮らなかった。

8時キッカリに島を離れる。港へ戻り、船頭さんにお礼を行って次へ出発。
既に船酔いで吐きそうだった(笑)
060503-11.jpg


Hasselblad SWC, Biogon 4.5/38
F16, 4 min.
velvia 100F (RVP F)
060503-4.jpg


Hasselblad SWC, Biogon 4.5/38
f16, 4 min.
velvia 100F (RVP F)
060503-7.jpg


Hasselblad SWC, Biogon 4.5/38
F16, 4 min.
velvia 100F (RVP F)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。