上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
070829-4.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F8, 1/200 sec.
Neopan ACROS (EI200)
Hypercat developer

このまましばらくの間、身動き一つしませんでした。


※現像時間9分を間違えて12分ほどやってしまいました(ノД`)
スポンサーサイト
DSCN0479.jpg


言わずと知れた、CONTAX Gシリーズのホロゴン16mmです。
超個性的なレンズ構成。100度を超える画角。歪曲収差ほぼゼロ。その他モロモロ・・・
web上でこのレンズに関する話題は尽きる事がありません。

今回はかなり「衝動的に」このレンズをMSオプティカルへ送ってしまい、本日めでたく
我が手元に帰って来ました。正直、支払いが怖いですが(笑)後悔は全くありません。

本来ならこのようにライカCLに装着する事は不可能ですが、
前の日記にも書いた様にこのCLは露出計を取っ払っています。
そしてレンズと干渉しない様に、マウント内部を削っています。
この改造によって、ホロゴンをCLで使用する事が可能になりました。

DSCN0482.jpg


改造によって装着可能とはいえ、レンズ後端はまさに「ギリギリ」
もしかするとシャッター幕が上下のレンズガードにかすかに触れているかもしれません。
レンズガードの高さとレンズ後端との差は、僅かに1mm~1.5mm。
この僅かな差で守られています。

明日から試写したいところですが、生憎の雨予想。
水に濡れるのは避けたいですから(笑)週明けから始動させてみます。
070829-1.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F値、シャッター不明
Neopan ACROS (EI200)
Hypercat

いろんな方向から轢かれる~~!(笑)
070828-4.jpg


070828-1.jpg


MINOLTA X-500 / Tamron Reflex 500 mm & 2x converter
F16, 1/60 sec.
Neopan SUPERPRESTO (EI1600)
Hypercat developer
※トリミングあり
070827-4.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F8, 1/200 sec.
Neopan ACROS
Hypercat developer
070823-1.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F5.6, 1/100 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer
カメラが変わって、オマエの写真は何か変わったのか??


070826-8.jpg

LEICA CL / Planar 45mm
F8、1/250 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


・・・いつも左下がりだったフレーミングが解消されたぐらいでしょうか(笑)
070826-6.jpg

ライカCLのテストネガより。プラナ-45mm。
ピントは立っているドライバーに合焦。ほぼ正確である。

ライカCLと言えば、とかくその有効基線長の短さを難点として挙げる人が多いが、
理論値上、50mmで限界F値は1.53。ズミルックス開放は厳しいであろう。
個人的には50mm域、F2、最短でこれだけの精度を有していれば必要にして十分かと思う。
070826-4.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F2、1/10 sec.
Neopan ACROS
Hypercat developer

DSCN0469.jpg


ライカCL用に早速ストラップを調達しました。
これはヤフオクで個人が出品しているストラップで、3000円以下と安価な割に
質が高く、機械式カメラに良く似合います。使い勝手も非常に良いです。
以前買った物はバルナックで愛用しているほど気に入ってます。

やっぱりストラップ一つでカメラの表情がぐっと変わるし、使う自分の気持ちも
グっと引き締まります。やる気にさせられますね(´-`)

DSCN0466.jpg


我が家にライカCLがやって来ました。
ご覧の通り、痺れるくらい格好良いです。

もともとCLは欲しいカメラの一つでした。実は一年ほど前に海外のオークションで
落札するも、諸事情で手にする事が出来ず・・・そういうこともあったなぁ(゚ー゚)
今回は念願かなって無事手にする事が出来ました。

CLと言えば、シャッター幕の前にニョッキリ出て来る露出計がおなじみです。
しかしアレのせいで一部の後玉が出っ張ったレンズは装着不可でした。
ということは、BiogonやらHologonは装着出来ないということになります。
もし自分がCLを手にしたときは、関カメで露出計を外してもらおうと思ってました。

そこへひょっこりヤフオクに出て来たこのCL。
なんと既に自分が希望する加工済みとのことでした。黙っている訳がありません(笑
お盆休みのせいか、あまり競う事も無く納得の価格で手に入れる事が出来ました。

さて実際に手元に来て、さっそく空シャッターを切ってみたのですが、その瞬間に
「これだ・・・」と感じました。角度が大きくややネットリした巻き上げ感といい、
「シュカッ!」というシャッター音といい、本家ライカとは明らかに違う感触だけど・・・
なんとも言えない快感。しかもOH済みのせいか露出関係を取っ払っているためか、
レスポンスもかなり良い。何一つ不満が無い。

よ~く考えるとミノルタX系の一眼レフに近い感覚なんですね。カメラ詳しい人なら
ご存知の通り、このライカCL(とライツミノルタCL)は、ライツ社とミノルタ社の
共同合作。中身はほぼ全部ミノルタ製ですから、もともとミノルタンなおいらとしては、
ある意味「原点」な感覚だったのです。そりゃ気持ち良いハズです(笑)

第1印象からこんなに好印象を持ったのは久しぶりかなぁ。
同じくminolta XE以来かもしれません。ミノルタは感性に働きかける良い仕事しますね。
070822-3.jpg

Leica IIIf / Zeiss Planar 45mm
F5.6, 1/100 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat dev.

夕日をモノクロで撮る。
その場では綺麗な夕焼けを前にして、手元にカラーが無い事を後悔するが、
現像が終わってみるとモノクロもなかなか乙かな、と思った。
070822-2.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F5.6, 1/200 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat dev.


070821-1.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F8, 1/200 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat dev.


海に面した長崎の小さな町は、細い坂道が網の目の様に走っています。
一週間ほど実家に帰って来ました。
大学生となって実家を出て以来、これほど長く帰省したのは多分初めてでした。

地元も良い具合に寂れてしまってなんとなくさみしい限り。
カメラ1台、レンズ1本とフィルムを数本持っていった自分は、
街中に走る細い路地と家族の模様を撮って帰って来ました。


070813-3.jpg

minolta XE / NewMD 35mm
F2.8、1/30-60sec.
Neopan SUPERPRESTO (EI1600)
Hypercat developer


070813-1.jpg

minolta XE / Tamron SP 80-200mm (30A)
F2.8、1/30-60sec.
Neopan SUPERPRESTO (EI1600)
Hypercat developer

決して自画自賛は好きじゃありませんが
このnontroppoというバンドを撮らせたら
きっと自分が世界一だと思う (゚Д゚)ハァ?
070812-4.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F4, 1/40 sec.
AGFA VISTA100

このレンズでこれほどフレアが出るのも珍しい。
よほど悪条件だったのか。
070812-1.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F5.6、シャッター不明
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat Developer

現像液の組成比を多少変えました。
070810-4.jpg

leica IIIf / planar 45mm
F2.8, 1/10 sec.
AGFA ULTRA100

070810-2.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F値、シャッター不明
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer
070810-1.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F5.6、1/60sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer
070809-3.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F4, 1/30 sec.
Nropan ACROS (EI100)
Hypercat developer
070809-2.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm
F2.8, 1/10 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer
070809-1.jpg

Leica IIIf/ Planar 45mm
F4, 1/40 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

しばらくの間、特に意味も無いスナップ写真が続くと思います。
070805-1.jpg

minolta AUTOCORD / rokkor 75mm
F4、1/10sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

夏の入り口。弟夫婦に赤ちゃんが産まれました。
我が兄弟の中で一番下のくせに一番先に結婚した弟。
早速週末にお祝いにいって来ました。


DSCN0430.jpg

以前撮った夫婦の写真をきっちり額装して、お祝いの品として持っていきました。
これはきっと自分にしか出来ないだろうお祝いの品。
家の何処かに飾ってくれたら嬉しい。

初対面の甥っ子は弟によく似てて(笑)
よく食べよく泣きよく眠る、とっても良い子でした。

この家族がこれからもずっと笑顔で進んでいける様に。
初めての家族写真を見ながら、願わずにはおれません。

070803-5.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm (G-L modified)
F5.6、1/500sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer
070803-4.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm (G-L modified)
F5.6、1/500sec.
Neopan ACROS (EI 100)
Hypercat developer

選挙に来ておりました。
同じPlanar 45mmで同じ様な姿勢で撮影しても、

070803-3.jpg

一目で明らかに認められる場合と、

070803-1.jpg

ほとんど歪曲収差が目立たない場合がある。

この違いは一体何なのだろう?
070803-2.jpg

Leica IIIf / Planar 45mm (G-L modified)
F4, 1/500sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

みなさん選挙には行かれましたか?

※ちなみに自分が共○党を支援しているわけではないのであしからず(^_^;)
 たまたまです。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。