上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


LEICA CL / Elmar 5cm
F4.5, 1/60 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

旧いアパートの前にネコ。



近づいた途端、黒い方が駆け寄って来た!
スポンサーサイト


LEICA CL / Elmar 5cm
F4.5, 1/30 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

露出をオーバーに振ると、非常に軟調な描写になる


LEICA CL / Elmar 5cm
F9, 1/125 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


LEICA CL / Elmar 5cm
F6.3, 1/60 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


LEICA CL / G-Planar 45mm
F2, 1/8 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

今泉にあるカフェ「カフェ・ド・アッシュ」
道から奥まった場所にあり、ギャラリーと併設していて居心地の良い空間です。

このカットは、Gプラナーの45mmはやはり素晴らしくて好きだと
改めて見直すきっかけになりました。


LEICA CL / G-Planar 45mm
F5.6、1/60 sec.
Neopan superpresto (EI400)
Hypercat

家族写真


ライカCL / 旧エルマ-5cm
F9, 1/250 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat現像

自分の旧エルマー、鏡筒の番号は3番。つまり実焦点距離48.6mm。
実焦点距離が47.8mmだった手持ちのGプラナー45mmと非常に近いのだ。


朝起きて、特に大学に行ってやる仕事も無いと気付いたので今日は一日、まったりと写真に費やす事にした。今日は森山大道さんのトークショーがある事に気付いたので、ファミマに行ってチケットぴあで発券しようとしたら、既に存在しない事に成っていた。つまり売り切れ?仕方が無い、ここは大人しく諦めてサイン会だけにしよう。

10時半頃カメラを持って家を出て、サイン会の時間になるまで街中をスナップして廻った。最近は街を行き交う人々を入れた写真を撮る事に熱中している。人を入れて撮りたい、という欲がなぜか最近とみに多い。岩田屋前のスクランブル交差点でカメラを構えるのもさほど気にならなくなってきた気がする。

サイン会の時間を過ぎて買った写真集「記録8」は薄い割に値段は高かった。整理券の番号は3番。意外に人が少ない。そしてここから延々30分以上待たされる事になった(笑)大道さんランチでも食っているのだろうか?予定の時間を45分ほど過ぎた頃、ようやく大道さんが登場。おもむろにサイン会が始まった。

実は今を遡る事2年前、学会でドイツへ行く飛行機の中で大道さんと一緒になった事がある。当時の自分は憧れの写真家が目の前に居るという事実に舞い上がってしまい、空気も読まず大道さんに声をかけた。そして手持ちのオリンパスペンで、大道さんの姿を撮らせて頂いた。大道さんは「じゃあ、記念に送ってよ」と自宅の住所を教えてくれた。ドイツから帰り、僕は当時の自分なりに頑張って大道さんのネガをプリントした。そして大道さんの元へ送った。一月が過ぎ、忘れかけた頃に届いた一通の封筒。大道さんからお礼の手紙と写真集「ROUTE16」が入っていた。

大道さんは当時の事を覚えているだろうか?自分のサインの番になった時、「大道さん、お久しぶりです!」と声をかけてみた。最初はやっぱり誰なのか分からない様子。ドイツの飛行機の話、写真の話をするとようやく思い出してくれた。「確か写真を送ってくれたんだよね。あの時は有り難う!」こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいである。無理やり買った記録8と、ライカCLの裏蓋にサインをしてもらった。「ライカにサインするのは初めてだよ!」と大道さんは笑っていた。

サイン会場を離れ、今泉の「カフェ・ド・アッシュ」へ。某blogで知り合った写真家の生徒さん3人が写真展をしていると言う事で、拝見させてもらった。中に入るとお友達とおぼしき大勢がわんさか居て、正直居場所が無かった(笑)3人の生徒さん方々に挨拶。blogで多少絡んだ事もあり、スムーズに打ち解ける事が出来た。先生は18時以降に来るそうだ。とても体調を悪くされていて、めったに会う機会は無いと聞かされていたので、夕方以降の予定を全てキャンセルして先生に会うことにした。一旦アッシュを離れ、18時まで別の写真展を見ることにした。

春吉の酒蔵「友添本店」の2階はギャラリーになっていて、そこでAPA(日本広告家写真協会)関連の写真展が行われていた。11名?ほどのスタジオ等をされている写真家達が作品を展示していた。ぐるっと一周して思った事は、やはりこういうトップクラスの写真展でもほとんどデジタル&プリンターでプリントアウトが主流になりつつある事。そして心に残る写真を出していたのは、たったの1名だけだったこと。

カフェgigiにて遅い昼ご飯。クリームパスタとチョコレートケーキ。夜のパーティの準備で忙しいところ、お邪魔しました。

18時。アッシュの写真展会場で会食会。ようやく「先生」に会う事が出来た。見た目は血色も良く、お元気そうだがはやり体調は芳しく無いとの事。しかしこうやって顔を合わせる事が出来たのがなによりも嬉しい。きっと今日を逃せば、そのまますれ違いでもうお顔を拝見する事は出来なかったかもしれない。色々お話をさせて頂いた。

周りは写真スクールの生徒さんばかりで、そうで無い人は自分を含め僅か数人。完全なアウェイ状態である。。しかしそれでも、周りの全員が写真好きということで随分と気が楽だ。まさに写真が共通言語。すぐに皆さんと打ち解ける事が出来た。会食会の後も中州の屋台街やキャナル、夜の櫛田神社などを撮影して廻ったりして、気付けば11時。ここでお開きにして帰宅した。

写真は大道さんのサインが書かれたCLの裏蓋。本当はもっとしっかり書かれていたのだが、
銀マーカーだったのが災いして、一日持ち歩くうちに半分以上消えてしまった(涙)


LEICA CL / G-Planar 45mm
F5.6, 1/125 sec.
Neopan Superpresto (EI400)
Hypercat

垂れてくる鼻水と戦いながら。


LEICA CL / G-Planar 45mm
F2.8, 1/60 sec.
Neopan Superpresto (EI400)
Hypercat developer

親の顔が見てみたいものです。


LEICA CL / Elmar 5cm
F9, 1/250 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

結局、スナップで使う分にはどんなレンズでも一緒なのかな
大した違いは無いかなと思ったり。



ライカCL / 旧エルマー5cm
F4.5, 1/15sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat


ライカCL / 旧エルマ-5cm
F4.5, 1/60 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


LEICA CL / Elmar 5cm
F6.3, 1/500 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

このカットは個人的に好きです。


LEICA CL / Elmar 5cm
F4.5, 1/30 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


LEICA CL / Elmar 5cm
F4.5, 1/30sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

これも旧エルマー。ゲルツの硝材と言うが、皆さんには何か違いが分かる?


LEICA CL / Elmar 5cm
F6.3, 1/125 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

巷で言われている様に、モノクロの方が相性良さげ。


LEICA CL / Elmar 5cm
F4.5, 1/30
KODAK E100VS

旧エルマー。
まぁ、カラーだとこんな感じなんでしょうね。モノクロは今撮影中。


LEICA CL / G-Planar 45mm
F2, 1/8 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

というワケで、昨日のレンズは違いが分かる人には分かるレンズでしたね。
分からない人は・・・挙手して下さい(笑)


これは・・・・・


LEICA CL / G-Planar 45mm
F2, シャッター不明
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

何故これを撮ったのか、いつの間に撮ったのか。。そもそもどこのガードレールなのかも不明。
でもきっとこれを撮った時の自分にとっては、何か心に引っ掛かるものだったのかもしれない。


LEICA CL / G-Planar 45mm
F値、シャッター不明
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer

なんかいかにも開放の作例っぽくて嫌だな・・・


Minolta XE / SIGMA MF FISHEYE 15mm
F2.8, 1/8 sec.
Neopan SUPERPRESTO (EI1600)
Hypercat Developer

VELOCITYUT
at Decadent deluxe (Fukuoka)





Minolta XE / MC ROKKOR-PG 58mm
F1.2, 1/8 sec.
Neopan SUPERPRESTO (EI1600)
Hypercat Developer

accidents in too large field
at decadent deluxe (Fukuoka)


Minolta XE / MC ROKKOR-PG 58mm
F1.2、1/15sec.
Neopan Superpresto (EI1600)
Hypercat developer


LEICA CL / G-Planar 45mm
F5.6, 1/500 sec.
Neopan 100 ACROS
Hypercat

ライカCLを手に入れてもうすぐ2ヶ月になる。その間、ほぼ毎日の様にシャッターを切り写真を撮った。最初は加減が分からずにゆっくりと巻き上げシャッターを切っていたが、今は日が経つにつれてどんどんCLが手に馴染んでいくのが分かる。どこにファインダーが有り、巻き上げレバーがあり、シャッターダイアル&ボタンが有るか。自分の身体がそれを記憶としてしっかりと刻み込み、CLを手に取ると自然に全てのポジションに指が動く。自分の視点が動く。

しばらく前まで、自分の手元には2(3) 台のライカがあった。一つはこのCL。そしてもう一つはM4だ。バルナックIIIfはLマウント機だから、他の2台とはそもそも土俵が違うと言えよう。正直、同じテリトリーに属するカメラを幾つも持っている事を自分はあまり良しとしない。CLとM4、この2台はまさに全く同じ縄張りに棲む物同士であり、従って自分がどちらかを手放そうと思ったのはごく当然の成り行きである。

そして自分は結局のところ、M4を手放し、CLを手元に残した。

何故M4を手放した?逆じゃないのか?と不思議に思う人もきっといるだろう。M4はライカの完成形と言う人もいる位の成熟したライカだ。そして自分の(物であった)M4はレザートーンの塗装を施されて非常に美しく、修理点検済みなだけに調子も良かった。いっときでもあのM4を手元に置いていられたのは、それはきっと幸せな経験だったと思う。そんな素晴らしいM4をなぜ手放したのか?

こういう事を書くと、世の中のM型ライカ使いに嘲笑されるかもしれない。しかし自分にとって、M型ライカのあの「大きさ」がどうしても手に馴染まなかった。CLよりほんの指一本分、横幅が広いあのシルエットがどうしても馴染まなかったのだ。レンズを付け、手に持って構えた時に「おや」?と思う違和感がそこにあった。機械的な調子や操作感と言った物では無く、持った時に感じる違和感だ。何度持っても結果は同じ、なんだかしっくりこない。

実はこの経験は今回だけではない。2年ほど前に一度、M4では無いが自分はM型ライカを手に入れた。思えばあれが人生初のライカだ。しかしその時も、フィルム2本を通した後に手放してしまった。あれから2年が経ち、自分の心境も少しは変わってM型が気に入る様になるか?と思って手に入れたM4だったが、結局は2年前と同じ事を繰り返しただけであった。しかもフィルムを1本も通す事が無かった。


今回の一連の事で、自分の中ではっきりと分かった事が一つだけある。それは「最高のカメラ≠最良のカメラ」と言う事だ。M型ライカは機械式カメラとして最高である。これは全くその通りであり、何の異論も挟む余地が無い。「いつかはライカ」こういう言葉が生まれて当然とも思える。しかし、M型ライカは自分にとって最良のカメラでは無かった。そういう意味で、今の自分にとって「最良のカメラ」は何かにつけ華奢だ、有効基線長が短いなどと評価の高くない、このCLだったのだ。

今後おそらく、自分がM型ライカを手にする事は無いだろうと思っている。
「M型よさようなら」


LEICA CL / G-planar 45mm
F8, 1/125 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


LEICA CL / G-Biogon 28mm
F8, 1/250 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


LEICA CL / G-Planar 45mm
F4, 1/60 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer


Leica IIIf / G-Planar 45mm
F8, 1/200 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat developer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。