上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「少し前に書いた某レンズは一体何なんだ」という問い合わせが
意外にも多いのでここで答えを披露します(^_^;)
DSCN0498.jpg


実はCONTAX G用のBiogon 28mmでした~(・∀・)
自分のはもうライカマウントに改造されてますが、写りはもちろん健在!
全幅の信頼を寄せる一本です。
スポンサーサイト
080225-2.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F5.6, 1/50 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8min.

広島の美術館にて。
080221-6.jpg

LEICA CL / G-Planar 45mm
F5.6, 1/500 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min.

土曜日は福岡にて友人の写真展&岐阜からの友人の来福、
日曜日は友人達のグループ展を観に、日帰りで広島に行ってきました。
明日は仕事を半休して、Bjorkを観に大阪城ホールです(笑)

魔が差したと言うか・・・
こんな物を買ってしまいました。
DSCN0668.jpg


三十路の手習いかな(゚ー゚)
DSCN0667.jpg

2号フィルターで9秒あたりの調子がなかなか良さそうだ。

先週の結婚式で撮ったモノクロの分をプリント中。
Planar 45mmで撮影したこのカットはとてもシャープで瑞々しい。
080216-4.jpg

Rolleiflex Standard / Tessar 75mm
F8, 1/100 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 25℃、8min.

ローライフレックス スタンダードの白内障を治療した。
ビュー側のレンズが曇っていたので、注意深く取り外し、内部を清掃。
構造がシンプルなので作業自体は簡単で、約15分ほどで全て完了。
光学系にも傷1つ付けずに綺麗に出来た。

透き通る様な目になったスタンダード。
ファインダーを覗くと、一段と明るく見える様になった気がした。
hologon-mono.jpg

CONTAX G1/ G-Hologon 16mm
F8, AE
Neopan ACROS (EI100)
D-76 (1:1)

夜中に、と或る写真Blogを訪れたときのこと。
コメント欄に「立体に写るかどうかが、レンズ選びの鍵となっている」
という文章を見た。その一言にいたく同感。まったく以て自分もそうだ。

平面の情報媒体であるフィルム&印画紙に、立体に見える画像を記録する・・
まったく不思議だが、事実そういう特性を持つレンズは存在する。

ちなみにここで言う「立体に見える」は、巷のラ●カ系サイトに氾濫する
「この描写の立体感がうんぬん・・・」とは似て非なる物と考えた方が良い。
(往々にしてその様なコメントの付いている画像は全く立体感を伴って無い)
開放値の大きさ、フォーカス&アウトフォーカスのコントラストとも違う。
F1.0-1.2級のレンズが作り出す被写界深度の薄さとはまるで無関係である。
立体に写るレンズは、例えF8に絞り込んでも立体に見える。パンフォーカスな
画面中の物体がまるで浮き上がって見える。目の前の実体を見ているかの様だ。

そして当然ながら、「価格」とも全く以て無関係。実売相場が2~3万の比較的
安い某レンズが、実は最も物体を立体的に写すという事実。不思議なものだ。

21.jpg

某レンズによる作例

そういう観点でレンズを追い求めて行くと、やがて純正とか価格やレア度や、
舶来とか国産とかそういうものがどうでも良くなって来て手持ちのレンズが
数本を残してどんどん減って行く(笑)
080222-1.jpg

LEICA CL / G-Planar 45mm
F5.6, 1/500 sec.
Neopan ACORS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min.

知り合いに(尤も直接の面識は無いが)「かつて自分は絵画を習っていた。
だから自分の撮る写真は何処か絵画的なのだ」を何度も宣う御方が居るが
自ら嘯いているだけでそれが写真にとって本当に良い事なのかどうなのか、
更には真に彼の写真に影響を与えているかどうか。

本当にそんな彼の写真は良いのか。

そんな事誰も知る由は無いのだ。

080218-3.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F5.6, 1/50 sec.
Neopan ACROD (EI100)
Hypercat 25℃, 8min.

080218-2.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F5.6, 1/100sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 25℃, 8 min.

思いきり逆光でもディテールは死んでいない
それは「wedding」とか「結婚式」とか
そういうよく使う言葉では上手く言い表せないと思うほど高貴で尊い二人でした。

080217-3.jpg

MINOLTA X-500 / NewMD 35mm
F11, 1/500 sec.
FUJI SUPERIA VENUS 800


080219-1.jpg


末永くお幸せに。
080218-4.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F5.6, 1/50 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 25℃, 8 min.

135フィルムと120フィルムの現像では撹拌の方法を微妙に変えている。
135フィルムの場合、液の流速が遅いとパーフォレーションの穴が現像ムラを誘発するため、
ある程度現像液の流速が必要。よって1分間に30回の転倒撹拌としている。

120フィルムの場合、パーフォレーションが存在しないので緩やかで良い。
1分間に12回、つまり5秒で1回の転倒撹拌である。

080217-4.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F11, 1/100 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 25℃, 8 min.
080216-3.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F4.5, 1/25 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min.

スクリーンに写る像は非常に暗くフォーカスも合わせにくい。
しかし撮影レンズの開放値F4.5に対して、ビューレンズの開放値はF3.1なので、
スクリーン上でピントが合っている様に見えていれば大抵ピントを外す事は無い。

それよりもあの外観のボロさでフォーカスやシャッターの精度がきちんと正しく
出ている事にまずはひと安心である(^_^;)
 

080216-2.jpg

Rolleiflex standard / Tessar 75mm
F8, 1/100 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min.

早速家の周りで試し撮り。
鷹の目の面目躍如と言ったところか。
 

080214-1.jpg

LEICA CL / Elmar 5cm
F6.3, 1/60 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min.30sec.

080214-3.jpg

LEICA CL / Elmar 5cm
F6.3, 1/250 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃、8min. 30sec.

早く新入りのローライで撮ってみたいんですけどね・・
週末までおあずけか。
080212-3.jpg

LEICA CL / Elmar 5cm
F4.5, 1/30 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8min.30sec.


DSCN0663.jpg

ドイツからやってきました
ローライフレックス・スタンダードです

外観はご覧の通り、ほとんど黒塗装は残っておらず
ビューレンズは白内障に掛かってます。
それでも奇跡的に撮影レンズ(テッサー75mm/f4.5)と
シャッター・絞りなどのメカニカルな部分は完璧だったが故に
購入を決意しました。

おいらは基本的にコレクターでは無いので、外観等がいくらボロボロでも
一向に気にしません。レンズと機械が完璧ならそれで十二分なのです。
これくらいボロボロのカメラ、望むところです!(笑)

ビューレンズは表面の汚れを拭き取ってやるとだいぶマシになりましたが
まだ白っぽいですねー。まぁ撮影にはあまり影響はなさそうなので
そのまま使うことにします。
いつかOHの際にキレイにしてもらえば良いでしょう。

080212-1.jpg

LEICA CL / 旧エルマー5cm
F4.5, 1/8 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min 30 sec.

写りは極めて良好、何の不満も無い。
でもなぜライツのレンズは撮っててワクワクしないのだろう・・・
080210-4.jpg

LEICA CL / G-Hologon 16mm
F8, 1/125 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8min 30 sec.
やはり良いレンズ。時々フィルム1本まるごと、このホロゴンで撮りたくなる。

昨晩は友人を招いて夜中の自宅プリント。
友人はダースト138Sの大きさに驚いていた(^^;)
彼の持参したネガから数点選び、プリントの手順を教えながら進めて行く。
RC紙で合計7点。彼なりに満足のいくプリントが出来た様だ。

友人が帰宅後、続けて自分のプリント作業を続けた。
紙はフジのレンブラントG2。最近この紙はなかなか良いなと感じる様になって来た。
080210-1.jpg

LEICA CL / 旧Elmar 5cm
F6.3, 1/125 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8 min 30 sec.

このごちゃごちゃした感じ。
080114-3.jpg

LEICA CL / Summicron 5cm
F4, 1/30 sec.
Neopan ACROS (EI100)
Hypercat 24℃, 8min.

レンズは例のトリウムズミクロンです。
でもなんでこんな物を撮ってるんだろ
もうちょっと意味のある物を撮れば良いものを・・・

080206-5.jpg

minolta AUTOCORD / Rokkor 75mm
F5.6, 1/50 sec.
Neopan Presto (EI400)
Hypercat 24℃、8 min.

全体的に露出を切り詰め気味・・・
080206-2.jpg

minolta AUTOCORD / Rokkor 75mm
F5.6, 1/100 sec.
Neopan Presto (EI400)
Hypercat 24℃、8 min.

久々のオートコードでスナップ。
DSCN0647.jpg


この前の個展の写真を、せっかくなので部屋の壁に並べて貼ってみた。
軽くギャラリーな気分(笑)
080203-2.jpg

OLYMPUS XA4 / Zuiko 28mm
Auto (with flash)
Neopan Superpresto (EI400)
Hypercat 24℃, 9min.
080203-1.jpg

OLYMPUS XA4 / Zuiko 28mm
Auto (with flash)
Neopan Superpresto (EI400)
Hypercat 24℃, 9min.
080131-2.jpg

minolta XE / Tamron 80-200mm (30A)
F2.8、1/15 sec.
Neopan Superpresto (EI1600)
Hypercat 24度、12min.
080130-4.jpg

minolta XE / New MD 24mm
F2.8, 1/15 sec.
Neopan SUPERPRESTO (EI1600)
Hypercat, 24℃, 12 min.

人の写真を評価する時に、軽々しく「センスがある」なんて言わないで欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。