上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100129-1.jpg
ゾナー90

そう言えば、初詣のおみくじは大吉でした。
今年はもうおみくじ引かない(笑)
スポンサーサイト
100124-1.jpg
ハイパーゴン127/22
真っ正面に太陽があって、これくらい逆光に強ければ
大抵はなんとかなるでしょ。
100123-2.jpg

先日は音楽仲間の結婚式だった。
婚礼自体は親族のみと言う事だったが、式の前のお披露目を行うと言う事で立ち会ってきた。
ローライにアクロスを詰めて、1ロール分だけ記念の写真を残した。

これまで何人かの友人、後輩たちの結婚式を撮ってきた。
最近はプロの婚礼カメラマンでさえ、デジタル100%の時代。
特にデジだから悪い、フィルムだから良いという意図は無いが、
それではやはり味気ないし(後ろから見ていたら、数打ちゃ当たる作戦の様に撮っていた)
形として残らないのはなんだか寂しい。
せめてハレの舞台は、フィルムで形に残していきたいと思っている。

これからもなるべくこういった写真は撮っていきたいと思う。
ただし、呼んで頂いた場合のみですが(笑)
100111-3.jpg

今夜はプリントをしようと思ったが、あまりに室温も水温も低くて
心が折れました(>_<)
早く暖かくなって欲しいと願う今日この頃。
100111-1.jpg
ゾナー90mmを使い出してから、自分の写真になにか変化を感じる。
100116-2.jpg

家のオーディオはこの16年来、ケンウッドのアンプにタンノイのモニターという組み合わせである。
5年前カナレの太いスピーカーケーブルを付けて以来、ずっと何も変更していなかったが
先日ふと思い立って、スピーカーケーブルを換えてみた。

新しいケーブルはWestern Electric 18GA。カナレに比べると1/5もないくらいの細いケーブルだが、
交換した後の音はわりかし気に入っている。
100114-1.jpg

何度かの失敗の後、ようやくローライオルソ25とPyrocat-HDの標準現像データが取れた。
オルソ25は結構難しい。少し気を抜くと、ひとつ前の日記の様に現像ムラが激しく出る。
アクロスの方が感度は高いし、容易に手に入るし、現像もオルソほど気を遣わなくて済む。

でもなぜか、このフィルムに惹き付けられてしまったのだ。
100111-4.jpg
ローライ オルソ25
Pyrocat-HD (1:1:100) 24℃、6分

オルソ25のシートフィルムを使うために、現像データを作成中。
推奨がD76原液、20℃で6分だったので、24℃6分で試してみたが、
ネガを見るとまだシャドーの再現が厳しい。8分が適当な辺りだろうか。

それ以前に現像ムラが激しい(苦笑)アクロスがどんなに扱い易かったか・・
100107-1.jpg


昨年の12月にコンタックスGのゾナー90mmをMマウントに改造した。
最近、このレンズを使ってスナップを撮り始めているが、個人的にかなり好感触だ。
被写体との「間合い」が、今は中望遠がちょうど合っているということか。

今はライカのCLで撮影をしているが、ここにきて倍率の小さなファインダーが少々厄介になっている
有効基線長から計算して、90mm F4ならしっかりピントが合うはずだが。。
小さな2重像を懸命に確認していると結構時間がかかるのだ。

それでもまだ2眼レフより早いのは間違いないが(笑)
100106-2.jpg

新年になりました。
去年1年間は写真活動をひと休みしておりましたが、今年はまたしっかりと再開したいと思います。
これからもどうか宜しくお願いします。

今年はHPを見つめ直し、サイトの再構築に取りかかりたいと思います。
二つあるうちの片方を廃し、写真もより見やすい様に。
いろいろ考えはしますがどうにもまとまりません(笑)

まぁゆっくり丁寧に・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。