スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラボのある建物の屋上が好きです。
天気の良い午後。実験のちょっと大きな空き時間。気分転換に。
そういう日は階段を上ってふらりと屋上に来ます。
壊れた椅子がいくつか無造作にあって、異世界の様な雰囲気です。
何故か落ち着くんです(´-`;)

060303-7.jpg


060303-6.jpg


060303-8.jpg


Hasselblad SWC
Neopan 100ACROS
F8-1/250
Pyrocat-HD 24℃ 7min.

自前のPyrocat-HDはACROSに対してかなり敏感に反応する。
市販品だと24℃で10分だったが、そのデータの通りだと明らかに
過現像。今では7分で停止に持ち込んでいる。

COMMENT

tohrustoy URL @
03/04 17:05
. 気持ちいいですねぇ、SWCとPyrocat-HDの組み合わせは。なんかこう、スガスガしい空気感というのか気配というのか。ここ最近のリー・フリードランダーの写真集ってご覧になったりされますか?彼のSWCによる写真も面白いです。なんとも言えないユーモア感覚もあったりして。もし機会がありましたら是非。
らおた(管理人) URL @
03/05 00:20
. tohrustoyさんどうもこんばんわ。だいぶこのカメラにも慣れてきました。
気配感じますか?自分は写りに関しては実はよく分かりませんが、気持ち良いというのは納得です。
夜更けに現像終わった後の濡れたネガを見て、よくニヤニヤしてしまいます(笑)

リー・フリードマン氏ですか?実は初めて聞きましたので、ちょっとgoogleでイメージ検索してみました。
今のネットは便利ですねぇ。結構写真が見れましたが、スナップからヌードまで幅広く撮る人なんですね。
もし機会あったら写真集見てみます。図書館にあるかな・・?

tohrustoyさんのBlog拝見しました。たぶん以前に見た事が有ります(笑)
あのパノラマはHORIZONですか?それともTX-1かな?
tohrustoy URL @
03/05 07:08
. >現像終わった後の濡れたネガを見て、よくニヤニヤしてしまいます(笑)
うーん、その気持ち、よくわかります。そしてうらやましい。いやしかし、ホントに良い感じですねぇ。

フリードランダーについては、こちらに解説があります。2005年度ハッセルブラッド国際写真賞を受賞。
http://artphoto-site.com/story68.html

彼の写真集で「Sticks and Stones」というのがあるんですが、こちらは全編SWCによるもので、その魅力全開ですよ。

ええ、あの写真はHORIZONです。S3Proという比較的最近のモデルです。首振りのパノラマもなかなか楽しいですよ。
らおた(管理人) URL @
03/06 01:11
. あ~やっぱりHorizonでしたか。一時期凄く欲しかったんです。
202から随分改良されたと聞きます。
もうちょっと安ければなぁ(笑)








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/22-b17cd0d0

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。