スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬夜景5



Hasselblad SWC / Biogon 38mm
F16, 3 min.
FUJI PROVIA 100F (RDP III)

自分のSWCは59年製。もちろんレンズにはコーティングなど無い。
ちょっと油断するとこの通り。

COMMENT

uekawa URL @
12/06 23:52
. こんばんは。難しいレンズだと思いますが、上手いもんですねぇ。
SWCの場合、光源によって画面は乱れても、しっかりとした像を描いていて、これはこれでいいですね。
とても参考になりました。ありがとうございます。
らおた URL @
12/07 00:29
. uekawaさん
コメント有り難うございます。難しいと言われてるSWCですが、広角好きな自分はちょうど良い画角に感じます。
左上はゴーストで大変な事になってますが、言われてみればなるほど、像がしっかりしてますね。
SWCは手に入れてもまたしばらくして手放す方が多い様なので、いつか出物があると思います。
是非一度体験されてください。
満月 URL @
12/08 00:23
. らおたさん、こんばんは。
今までポジがほとんどだった私は、折に触れB&Wのプリントを経験してみたくなります。
きっととても楽しい時間なんでしょうねぇ。

自分でプリントするチャンスは当分巡って来そうにありませんので、せめてM6にB&Wフィルム詰めて、オレンジのフィルター付けてみたりしている今日この頃です。

来年末頃には6×6機材を持てるように貯金しようかなぁ。
らおた URL @
12/08 02:31
. 満月さん
こんばんわ。モノクロは自家現像・プリントを始めると、世界が一気に深く広くなります。
楽しい楽しい底なし沼ですね。中判や大判を覚えると尚更です。
一度でも良いので、ぜひ経験して頂きたいです(^-^)








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/387-74c85a06

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。