スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の場合「鑑賞に堪える作品」として撮る時は廃墟等の建造物を被写体とする事が多い。
下はそんな1枚である。機材等の説明は省くが、真っ暗な廊下で長時間露光を行っている。




2号相当のストレートプリント。この大全紙プリントを実際にご覧になった方も居るだろう。
ハイライトからシャドウまで、諧調が非常に繋がりよく出せていると我ながら思う(笑)
しかしプリントとしては非常に綺麗だが、廃墟に立ちこめる独特の雰囲気、というか
その場のムードという類いの物は、何もこのプリントには再現されていない。

そこで最近思い直した様に同じカットを焼き直してみた。のが、下のプリントである。
080312-3.jpg


ハイライト基調だったプリントを全体的にシャドウ基調に転化させ、コントラストを上げ、
廊下の天井および冷蔵庫のドア部分を更に焼き込んだ。結果として冷蔵庫の存在感がぐっと
増したと思う。天井の剥げた模様もさらに不気味さを増した。あの日あの場に立ったときの、
周りの不気味な薄暗さを思い出すようである。
以前とは随分と印象の違うプリントが出来上がった。

これを読んだアナタは、どちらが好みですか?

COMMENT

満月 URL @
03/13 11:36
. 自家プリントに憧れる私にとって、これはとても勉強になる記事です。
それにしても、全く違う作品になるものですね。ビックリ!
ポートレートなんかもガラッと印象が変わるんでしょうね。
おもしろそうだなぁ・・・
おおえ URL @
03/13 14:17
.  これはすごいですねえ。これほど、印象ががらっと変わるとは。
階調のキレイさで言えば、確かに上ですが、写真の印象としては、明らかに下ですねえ。
僕の場合、心の片隅に、「階調の表現」というのが必須事項みたいにこびりついてしまっているので、それを超えなきゃ表現できないものもあるんだと勉強になりました。
uekawa URL @
03/13 18:36
. このトピックの趣旨に反しますが(笑)、僕は圧倒的に上のプリントが好きです。これを初めて見たときは驚きました。心に残る1枚ですね。
マツモト URL @
03/13 21:16
. どちらもそれぞれ魅力がありますね。上のプリントは顕微鏡でのぞいた微生物(?)みたいに見えます。私は下のほうが好きですね。
Togi URL @
03/13 22:18
. 記録としては上の写真、作品としては下の写真、と思いました。
「額装して飾っていい」と言われたら私は下の写真を選びます。見る側の視点が定まりにくい上の写真に比べて、下の写真は味付けによって表現されたい方向性が明確になっているように感じます。

写真は化けますね。そして、この二枚を見比べてやはりいい写真なのだなあとしみじみ思いました。
KONDOH URL @
03/13 23:21
. 私は問題なく下の写真です。
y URL @
03/13 23:44
. 好きなのは、もちろん、下の写真です。私は元々暗い写真が好きだ、というのもありますが、とても物語性を感じます。でも、この写真を作るには、上の状態のネガが必要なんだなあ、と実感しました。ただ暗いだけでは、この雰囲気は出せませんものね。私もがんばろー!
raota URL @
03/14 00:36
. 満月さん
デジタルではレタッチで何とでも出来ますが、フィルム写真でもプリントの作業いかんでこれくらいの
変化を出す事が出来ます。そして自分は「技術オタク」なのでこういうのが大好きです(笑)
満月さんぜひぜひ自家プリントを経験されて下さい(^ω^)

おおえさん
>>「階調の表現」というのが必須事項みたいに・・・
自分も明らかにそのケがあります(笑)でもまずそれが出来ない事には、次の表現段階に進めない気もします。
最近はそれを踏まえた上で、積極的に主題を際立たせるアプローチを行おうとトライ&エラーの連続です。

uekawaさん
いえいえ(笑)どちらが優劣ではないので(^ω^)もちろんそういう感想もあってしかるべきです。
むしろ無い方がおかしい。そう言う意味でストレートなご意見、とても感謝しています。
そろそろプリントエクスチェンジなど、交わしたいですねぇ。

マツモトさん
ご感想有り難うございます。それにしても、微生物ですか~(笑)初めてそういうコメント頂きました。
表面のブツブツ具合がそういう感じなのかな?

Togiさん
確かに陰影の配置で、主題と視点が定まりましたね。ぐっと引き締まった感じを自分でも受けます。
このカットを再プリントした事で、またプリントの奥深さを再認識です。また写真が楽しくなります。

KONDOHさん
有り難うございます。今年は暗室機材も変わって、プリント作業にさらに打ち込む様になりました。
またGWの時は宜しくお願いします。

yさん
その通りですね。良いプリントを作る為には、まずどれだけ良いネガを作れるかが勝負だと自分も思いました。
やっとネガの大切さを身にしみて分かる様になった最近の自分です。


jet URL @
03/14 00:52
. 作品の意図にもよるのでしょうが
2枚目が好きです
自宅に飾るのは、2枚目
見ていて疲れません
colors URL @
03/14 03:24
. 上の写真かな~。
廃墟を逆にこういう表現するのはありだと思います。



n/kkkk002 URL @
03/14 03:54
. 下のプリントが好きです
上は廊下の奥に目線が流れてしまいました
下のプリントは冷蔵庫を見てから舐めるように時計方向に見ました
わかりやすく意図が読めるので下が好きです◎

こういうプリントが作れるんですねーすごい!


かざはや URL @
03/14 07:03
. 自分が焼くなら間違いなく下のように焼くなぁ
事前に意図する雰囲気をPhotoshopなりで作っておいてそれを目指してプリントを持っていくみたいな感じかな

自分でプリント始めた時に真っ先に気になったのが、自分の作ったネガからだと階調の全表現を目指した場合、凄まじく眠い絵を量産するってことですわ
他の人も書いてるけどネガ作りの段階では上の写真で、でも作品としてのプリントだと下の焼きでってところじゃないかな
とどあん URL @
03/14 10:26
. ども。自家プリント初心者ですが・・・。

実際に撮ったときのその場の雰囲気に近づけるってのが大事なのかなあと思ってます。
かなり長時間露光したネガだとすれば、実際の場の雰囲気は下の写真の方が近いのかなと。

上の写真は廃墟の詳細まで見せちゃうという点では魅力的ではあるけど、
やっぱり下の方が好きかな。
ubon911 URL @
03/14 12:06
. ボクは下の方が好きです。
こういう焼きを目指して、プリントをしていきたいと思っています。
まだまだ初心者ですが・・・・
ささき URL @
03/14 19:30
. 下は過去か現実、上は未来か天国。どちらが好きと選べないのにコメントしてごめんなさい。
でも、上の冷蔵庫には触ってみたいです。
yas_tak URL @
03/14 22:58
. Webとか写真集のサイズだと下の方ですが、
全紙大のプリントとなると上も相当インパクトあるんじゃないかなと思います。
自分も小さく出すときは積極的に焼き込みますけど、
でっかく出すときは写っているものに任せることが多いかもしれません。
というわけで、鑑賞する条件さえ調っていれば上の方かなー。
raota URL @
03/15 09:40
. jetさん
有り難うございます。jetさんに「自宅に飾るなら」と言われると嬉しいです (゚∀゚)

colorsさん
有り難うございます。廃墟のリアリティを消して現実感離れした感じ・・は
上のプリントを作った時に目指していた方向でもあります。
そういえば、colorsさんは大全紙のプリントを見た一人でしたねぇ。

n/kkkk002さん
有り難う!視線の動き、とても参考&ヒントになります。
写真の中にどこか一点、視線の置き所を作るといい感じになりそうだね。

かざはやさん
有り難う!眠いプリントを作っておいて、そこからどこまでコントラストを付けていくか、という過程は
ファインプリント作成として正しい様に思うよ。
ネガ情報の全諧調の表現=正しいプリントでは決して無い、というのを学んだ1枚でした。

とどあんさん
有り難うございます。その場の雰囲気に近づけるかどうかは・・テーマにも依りますねえ(^_^;)
スナップは割とそう言う方向へ持って行きますが、風景やこういうテーマではどちらが良いんでしょう。

ubon911さん
有り難うございます。こういうコメント頂けると、嬉しい事この上ないです。
ubon911さんの写真もよく拝見させてもらってます。

ささきさん
いえいえ、どうも有り難うございました。自分はこの冷蔵庫、実物に触る勇気はありませんでした(^_^;)

yas_takさん
有り難うございます。
なるほどねぇ、プリントサイズも条件になってくるのですね。確かに今、部屋には上の大全紙プリントを
飾ってますが、それなりにインパクトもあり印象は強いです。とても参考になるコメント感謝です。
ben URL @
03/15 15:40
. 廃墟というものに関心があるかどうかにもよりますね~。
僕は廃墟写真は撮らないし、実はあまり関心がないほうです。
そんな僕からは、
どちらかというと、下のほうがリアルで現実的な光景に見えます。
一目で廃墟写真とわかり、廃墟を見る視点なり意図が表現された作品になってる感じがします。

一方上のほうは、これは廃墟写真から離れて、人間の目ではありえない光景、非現実的な作られた絵に見えます。
廃墟を表現するには普通はしないんじゃないかという焼き方に見えます。

廃墟に関心が薄い僕には、上のほうが面白いですね~。
こういう表現になると、「廃墟」というカテゴリーを飛び越えてますモンね~。

わけわからんようになってきましたね。
普段難しいこと考えないものですから。

でも、いずれにしてもこれはいい写真だと思います!
構図が決まってます!


まる URL @
03/15 23:52
. ハジメマシテ

下のほうが廃墟ってかんじがしますね
自分も廃墟とったりしますけど
上みたいに焼こうとはおもわないので
それはそれで新鮮だと思います
raota URL @
03/16 04:26
. benさん
有り難うございます!
おっしゃる意味、よ~分かります。似た様な事を思ってました。
こうやって皆さんがどの様に2枚の写真を受け止めているかコメントを頂くと、本当に勉強になります。

まるさん
こんばんわ。ようこそいらっしゃいませ。
廃墟を撮る人から見ると、やはり下がしっくりくる感じでしょうか。
時々まるさんのblogを覗かせて頂いてます(あのトイレのカットは結構好きなんです)
akiyasu_sukiyasu URL @
03/16 15:29
. raotaさんこんにちわ。上下ともにそれぞれ異なる魅力が在る写真だと思います。
下の写真の方が「廃墟写真」の表現が濃く出ている気がします。
明暗の中の建物、冷蔵庫、そこにいたであろう人々の記憶などが髣髴されるような。
むこうから、誰かタッタッタッと駈けてくる逆光の像が見えてきそうです。

ですが、どちらが好きかと問われれば私は上の写真です。
実際に見せていただいたときのインパクトが強かったせいですかねぇ。
廃墟なのに、わぁ、きれい、と純粋に思いました。先日もちょっと申し上げましたが
冷蔵庫や光の具合が、ワイエスが描く光、白色の描写、筆の跡を思わせました。
上の写真は「いま」を感じるのに対し、下は「過去」という気もしました。
上の写真の景色の中には、其処に入ってみたいという、誘われる感、があります。
naomi URL @
03/16 23:40
. 他の方も書いていらっしゃいますが、
下の写真は廃墟写真を強調するものとしての冷蔵庫に、
上の写真は奥の光に真っ先に目が行きます。
下のが過去から現在までの時間の流れを感じるものだとしたら
上は時を感じさせないSFっぽい印象かな。
飾るとすれば時が限定されない(と自分では感じる)上の方です。
実際に見せて頂いたお写真は、思わず触ってザラザラ感を確かめたくなりました。
raota URL @
03/17 04:05
. akiyasu_sukiyasuさん
どうも!有り難うございます。あれ?akiyasu_sukiyasuさんにお見せしたのは下の方でしたよね(^_^;)
上の方は、部屋の壁に大全紙のプリントが1枚残るのみです。一度見てみます?

naomiさん
有り難うございます。そう、観る側に時系列を感じさせるかと、視点の違い。
この二つがどうやら両者で大きな相違点となりそうですね。

akiyasu_sukiyasu URL @
03/17 21:34
. おおっ、これは大変失礼いたしました。見せて頂いたのは2枚目だったのですね。
うーん、あの時はもっと「明るい」ように感じたんですよね。きれいだなぁ、って。
てっきり1枚目だと思い込んでました。。。
web上で今見ている2枚目は実際見せて頂いた時よりもずっとコントラストが強く感じます。
1枚目、今度よろしければ拝見いたしたく思います~。
raota URL @
03/18 23:40
. akiyasu_sukiyasuさん
OSやディスプレイで見え方が随分変わるから、web写真は難しいですね。
1枚目は以前見たのよりも凄く淡~い感じの印象を受けると思います。
どちらにしても好きな1枚です(^^ゞ
yellow URL @
03/19 02:28
. 廃墟写真としてみるなら下。
記録写真としてなら上、という感じがします。

私は下の方が好きです。
sa55t URL @
03/19 14:35
. こんにちは
どう解釈したらよいやら、なんと申し上げてよいやら。
まず露光は、下がストレートで焼ける露光がたぶん標準、なのでこのネガは露出オーバー。
しかしストレートで上が出れば表現として上が現実離れしていてかえって「アート」かなと。
ということで私は上の一票。
raota URL @
03/20 01:12
. yellowさん
やっぱりそんな感じですねぇ。一点作品として出すなら上、他の写真を組み合わせて廃墟のイメージを作るなら下でしょうか。
いずれにせよ、どういう目的で表現するか次第で上下どちらも魅力的で、使い分けが必要なのですね。

sa55t
確かにネガとしてはオーバー目です。が、却って非現実感を出しているのでしょうね。
下はインパクトは強いけど、結局目指す先としては他人と同じ事をしている事になるのでしょうか。








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/468-5c0aa8c3

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。