スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真よさようなら

そういえば、

土曜日に森山大道の「写真よさようなら」を買ったのでした。
1972年に刊行され、10万円以上の高値が付いていたこの写真集、
買う事も見る事も出来なかったのです。ついに念願の復刻。
6800円がなんとお安く感じるのでしょう(爆)

帰宅して早速開け、1ページ、また1ページと開いて行く。
無言で見る。というか、言葉が出ないというのが正しいでしょう。
自分が生まれる3年も前に、この人はなんてモノを 世の中に
解き放ってしまったんでしょうか。大道がこの写真集を
出した時点で、表現としてのモノクロ写真は「終着点」まで
行き着いてしまったんじゃないだろうか。

大袈裟で無く本当にそう思ってしまったのでした。

COMMENT









 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/49-8d7b61ba

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。