スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080625-4.jpg

LEICA CL, Hologon 16mm
Neopan ACROS, 1/30 sec.
Hypercat

是非とも欲しいプリント機材が出て来た
頑張って手に入れよう

COMMENT

farfarsideK URL @
06/27 10:16
. プリンターを購入して、プリントして額に入れて飾ったり、あるいはカチェットなどに四切久礼の大きさにプリントしたものを集めてポートフォリオの様にしようかな、と色々と考えています。いろいろと考えていたらまた1つ問題が。これまでネットでごく普通に安いオンラインプリントしてもらったものとか、デジタルプリントをしてもらったものを額に入れて飾ってみてるのですが、時間が経つと写真が’波打ってしまいます。酷いものはマット額装してるにも係わらず写真とカバーガラスが接触して、くっついてしまい取る時にビリビリに破れてしまうものもあります。写真展で色々とお話しをうかがった時に、バライタは薄いから波打ちやすいと言っていました。プロの写真家の額はガラスカバーがしてありました。普通飾る時というのは、裏打ちシートを貼るというのは常識なのでしょうか。長文で申し訳ありません。
raota URL @
06/27 21:27
. farfarsideKさん
裏打ちシートはRCペーパーやカラープリントなどには効果的かと思います。
バライタの場合、あまり使わない気がします。
基本的には台紙への固定はルーズで、自由度が高い様に四隅をコーナー紙(ヨドバシなどで売ってます)で
挟む様に留め、あとはマット台紙で押さえる様に固定します。
湿気で紙が伸びても固定に遊びがあるので波打ちが少ないです。

フジのバライダは薄手と厚手の二種類がありますが、例えばフォマだと厚手の2倍(ダブルウェイト)
3倍(トリプルウェイト)があり、これらは少々の事では波打ちません。
FOMAのバライタは使ってみましたが結構好みでした(゚ー゚)








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/557-769d85d3

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。