スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080731-3.jpg
Hologon ultrawide
15mm F8, 1/30 sec.
Neopan ACROS100
Hypercat現像

HUW試写。15mmは個体差が大きいと聞くが
このレンズは16mmと同等の解像力。
非常にシャープである。

COMMENT

かざはや URL @
08/02 08:07
. たしかにこれならピン固定でいいわけだ
y URL @
08/02 10:28
. これは、フィルターついているわけじゃないですよね?(フィルターなかった、というお話だったかと…)
周辺減光、目立たないのは、ISO100だからなのでしょうか?
うー。まだまだ初心者的質問で、すみません。

でも、また使いたいという衝動が…。しばらく我慢我慢。
raota URL @
08/02 14:54
. かざはやさん
ピント固定で十分過ぎるねえ。ライカMマウントにピント機構が付いたのは間違いなく蛇足。
というか、あれでフランジバックの厳しい精度を誤魔化そうとしたのかもしれない、とさえ思う。

yさん
モノクロだから、という可能性もあります。フィルム感度はあまり関係ありません。
Gホロゴンもカラーと比較して、モノクロだと落ちが目立たなくなる傾向にあります。

というか、ポジがあがりました。やはりカラーだと減光凄いです(笑)








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/599-750e2778

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。