スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCF3608.jpg

先日届いたフォマの532で早速テストプリントをしてみた。テストとは言え、
上手く行けば先の個展に使おうかと考えているので真面目なプリントである。

紙の厚さや表面の質感、感度等は先に使用した542とほぼ同じである。
何も処理しない生の紙は、542の様にかなりはっきりしたクリーム色をしていた。
このクリーム色は定着処理によりある程度抜ける様で、10枚ほど処理をした定着液は
時間が経過した現像液の様に黄色く変色していた(^_^;)
あと水洗時間をかなり長く取らないと、このクリーム色は完全に抜けない。

画像は水洗処理が終わった後である。
奥の542がクリーム色の強いベース色に比べ、手前の532は同じクリームベースながら
画像の様にかなりニュートラルな色である。個人的にはこちらの方が好み。

一応、ベース色だけが違う両者だが、プリントから受ける印象が全く違う。
奥の542がさながらビンテージプリントの様なプリントが出来たのに対し、
532は「画用紙にファインプリント」といった印象である。

COMMENT

farfarsideK URL @
08/30 09:36
. 僕は暗室作業をしないので、プリンターで我慢していますが、黒い色がなかなかいい感じで出てくれません。色々な紙を試して見てるのですが、自分の納得出来るものを作るのは難しいものですね。銀塩のマット調に憧れて、プリンター用紙もマット系を選んでみてるのですが、どうしても黒インクの乗りが浅い感じになってしまいます(^^ゞ
raota URL @
08/30 15:57
. farfarsideKさん
う~ん自分はPC用のプリンターを持っていないんです。あまり印刷するものもないし買い替えとか大変そうだなと思って・・
その点、引き伸ばし機は一生モノですから安心ですね(笑)Kさんも新しいプリンターで良い黒が出せたら良いですね~








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/639-2f6b7958

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。