スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080903-2.jpg
Hologon ultrawide, 15mm
F8, 1/30 sec.
Neopan ACROS (EI200~320)
Hypercat

テスト現像のロールより。
ブラケット撮影の結果から推察するに、今回の現像データだとEI200以上、400までは
届かないことが判明。現像過多につき、アクロスの粒状性をやや損ねている様に感じる。

COMMENT

farfarsidek URL @
09/05 09:39
. 時々撮りたいけどどこをどういう風に切り撮ったらいいのか分からないことがあります。今日のフォトを見て、こういう時は超広角で撮るといいかも、と思いました。
かざはや URL @
09/05 20:42
. な~んかミクロファインを荒くしたような感じに仕上がった?
パイロっぽさがちょい落ちた気がします
raota URL @
09/06 00:43
. farfarsideKさん
こういう構図は広角レンズの得意分野ですね(゚ー゚)
1つ、21mmあたりからいかがでしょう(笑)

かざはやさん
しばらくの現像過多ネガが続くけど、全体的に似た様な感じですわ。
パイロは確かに微粒子現像ではないけど、さすがにちょっとね・・・
次の現像でちょっと確かめないとね。








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/646-882961e3

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。