スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌い。

090804-1.jpg
(実験的ネガより)

写真を小難しい言葉でこねくり回すのが嫌いです。
いや、正確にはそういう人達が嫌いと言うべきか。

難解な言葉で語っても写真、本当は分かってないでしょ?

COMMENT

おおえ URL @
08/05 21:46
. 僕も、それには同感です。でも、世間ではそういう難解な説明付きの写真群の方が、幅を利かせているような気がします。以前、ある人のそうした写真展を、昨年と今年で、見る機会がありました。それぞれに難解な説明が会場の壁に書かれていました。その時、昨年の写真展の、その難解な説明文を、今年の写真展に貼り付けても、全く違和感がないじゃんって思いました。テーマが今年と昨年じゃ違うはずなのに、違和感が、おそらくないっていうのは、写真単体では意味が分からないから。っていう結論に至りました。よく分からない写真というのは、どのようにでも説明が出来てしまうのかもしれません。

しかし、僕に理解する完成が備わっていないだけなのかもしれませんが。
まる URL @
08/07 20:19
. 仰る通りでございます。
幅を利かせているのは写真だけでなく、学会誌やテレビや本など
著名な先生と呼ばれる方は特に難解な言葉、解釈をしてますよね。
何年か前に流行ったうましかのかべみたいな本にもそんなこと書いてありましたね。

特にお偉い方の対談記事は見るに耐えない。(自分に読解能力がないのは棚に上げるw)
raota URL @
08/20 02:47
. おおえさん、まるさん
返信が遅くなり申し訳有りません (>_<)

自分はいわゆる「口で写真を撮る」というのが嫌いなのかもしれません。

エッセイの様な語り口に、お洒落?な風景の写真が添えられている。
カタカナや哲学的、難解な単語の羅列。

どちらも一般受けはするのでしょうけど、
じゃあ肝心のあなたの写真は??と、どうしても思ってしまうのです。

写真は自由でありたいし、自分のこういう考えを他人に押し付けるつもりもありません。
ただ、最近の流行、風潮は写真に対して残念な流れにあると思えてなりません。
ららら URL @
09/04 00:31
. はじめまして。
突然の質問で申し訳ないです。
ブログを拝見するとCLにContaxG_biogon28mmをMマウントにして使用されていますが、
CLボディの露出計アームと干渉はしないのでしょうか?
それともアームを外して広角用に改造されてるんでしょうか?
私もCLにbiogon28mm改を使用したいと思ってるんですが、
できれば露出計は残しておきたいと思ってまして…。

テーマに反する質問でごめんなさい。
raota URL @
09/04 01:24
. あらら?いつのまにコメント承認制になったのでしょうね?
らららさん初めまして。こんな悪口みたいなエントリーにコメント頂いて恐縮です(笑)

ご質問の件ですが、ご察しの通り、手持ちのCLは露出計外し&アーム外し、
レンズ後玉の内部干渉を避ける為の切削などが施されています。関●カメラさんのお仕事ですね。
入手時には既にこうなっていた・・というか、biogonをCLで使う為に敢えてこのカメラを買いました。

ちなみに英語版wikipediaの、LEICA CLの画像は、何を隠そう自分のです(笑)
http://en.wikipedia.org/wiki/Leica_CL
でぱいゆ URL @
09/26 01:58
伝える表現. 難しいことを簡単にわかりやすく表現するのが一番難しいことだと思います。
本質を理解せずにはできないことです。
上滑りで、かっこよさげで、小難しい言葉に、「わからん」という素直な言葉が出せず、
わかったふりをして虚勢を張るシーンはよく見かけます。
伝えるって難しいですよね。








 

TRACKBACK http://raota1229.blog51.fc2.com/tb.php/765-ae29d03c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。