上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120212-3.jpg
Rolleiflex standard, Tessar 75/4.5
F8, 100 sec.
Neopan ACROS
Pyrocat-HD developer

愛車との1枚。
1965年製のMorris cooper Mk1 1275S
111031-3.jpg
Rolleiflex standard, Tessar 4.5/75
NEOPAN ACROS 100
F11, 1/100 sec.
Hypercat developer
111031-1.jpg
Rolleiflex standard, Tessar 4.5/75
NEOPAN ACROS 100
F8, 1/50 sec.
Hypercat developer
これまで自分の色覚についてまったく問題が無いと思っていたが、
ある事がきっかけで、実は軽い色覚異常があることが分かった。

きっかけはゴッホの色覚異常についての記事を読んだこと。
ゴッホの本当のすごさを知った日

自分にはあまり違いが分からず、知り合いから「実はゴッホと同じ色覚なのでは」と
指摘されたことであった。なので「色弱セルフチェックページ」にて試験してみたところ、
見事に弱いゴッホ型色覚異常があることが分かったのだ。
これまで全く色覚について疑いを持ってなかった自分にはかなりの驚きと同時に、
新鮮な感覚であった。自分がみてる色彩は、他人と見てるものと少し違うのか・・!

今までカラー写真についても、自分が見るカラー写真と、他人から見える写真とは
多少色彩が違うことになる。これはつまり、自分で調整したカラー写真は自分の意図した様に
他人からは見えていない。

現在のところ、ここでUPしている写真はほとんどがモノクロ写真で
色彩については問題無いといえるが、今後カラー写真を掲載する時に
この点について常に留意しなければならない。

111024-1.jpg

Hasselblas SWC, Biogon 4.5/38
FUJI Neopan ACROS100
F16, 2 sec.
Hypercat Developer

この日のネガは全体的に露出そのものが不足していて、シャドーが大幅に犠牲になっている。
現像の段階でなるべく救出しようと試みたが、厳しいものがあった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。